カードローンとクレジットカードにはそれぞれ異なるメリットが存在します。…

それぞれのメリット

カードローンとクレジットカードにはそれぞれ異なるメリットが存在します。…

現金に代える

クレジットカードとは、商品を購入して支払いをする時の方法の一つです。
クレジットカードを所有している場合、現金ではなくクレジットカードで決済し、後からクレジットカード会社に支払うことで商品を購入することが出来ます。
最近では、学生向けのクレジットカードやプリペイド式の電子マネーなどがあり、気軽にクレジットカードを所有出来るようになりました。
カードローンとの大きな違いは、クレジットカードのみで決済出来るという点です。…

現金を借りる

カードローンとは、消費者金融や銀行などの会社に審査してもらい、審査が通ると現金を借り入れることが出来るシステムです。
審査が通らないと現金を借り入れることが出来ず、クレジットカードより審査は厳しくなっています。
カードローンは現在多くの金融会社や銀行が提供しており、そのシステムやサービスなども様々です。
また、現金を返済する際に「金利」が発生します。
金利とは現金を返済する際に利子を付けて返すシステムです。
多くのカードローン会社がこの金利で儲けを得ています。
現在日本では金利の上限が15%~20%の間と決まっています。
これ以上の金利で現金を貸し付けることは法律で禁止され、違反した場合は行政処分の対象となります。
この金利上限はクレジットカードも同様で、違反した場合は行政処分の対象となります。…

両システムの違い

カードローンとクレジットカードのシステムの大きな違いは、「現金の代わりに使用して商品を購入できるかどうか」です。
クレジットカードは現金の代わりとして使用し、商品を購入することが出来ます。
それに対し、カードローンのカードは提示するだけでは現金の代わりとして商品を購入することはできません。
カードローンのカードの使用するためには、カードローンの会社に審査をしてもらい、審査が通るとカードローン会社から現金を借り入れて使用することが出来ます。…